ページビューの合計

2010年12月24日金曜日

今年最後のライブ

21日は今年最後のライブ 恒例のPOPOLO LIVEでした。

曲目は
1.HawaiiFive-O
2.ハウリング
3.Happy X'mas(WAR IS OVER)
を演奏しました。

3曲目はクリスマスも近かったのでジョン・レノンの曲のギターインストにアレンジしたものの

カバーです。

P2 008


今年もいろいろとシステム等を試行錯誤した一年でした。
なかなか理想の音は手に入りませんね、来年も捜し求めることでしょう。


今回は同級生の待井君、坪倉君家族(奥さんも同級生です)が応援に来てくれました。
坪倉君娘はじゃんけんイベントで見事パフェ無料券をゲット。
また食べに行ってください。

彼らとは小・中・高校と12年間も一緒でした。
��月から来年の同窓会に向けて頻繁に会うようになりましたが
未だに会えば昔のように飾ることもなく普通に会話できる関係、
なかなか奇跡的な事だと思います。

出来ればこれからも大切にしていきたい関係です。

P2 010

2010年10月27日水曜日

昨夜のPOPOLO LIVE

昨日は5月以来久々のPOPOLO LIVEでした。
24日、26日と続いたライブですが、なんとか無事終了しました。

次回は12月に開催予定です。

今回は少し機材を変えましたが、イマイチでした、次回からはまた元に戻そうかなと思ってます。


DSCN1307.jpg
DSCN1308.jpg
DSCN1310.jpg
DSCN1313.jpg

2010年10月25日月曜日

週末のイベント その2

日曜日はこれまた恒例のFlip Flopライブでした。
今回は当日が出演者の圭君の誕生日であったり、その他の出演者も10月が誕生日だったので
HAPPY BIRTHDAYをテーマにいろいろ企画のあったライブでした。

主演者の皆さんお疲れ様でした。そして足を運んでくださった方々ありがとうございました。


6.jpg

7.jpg

1_20101025221546.jpg

2_20101025221545.jpg

3.jpg

4_20101025221545.jpg

5.jpg

8_20101025221612.jpg

週末のイベント その1

まずは23日土曜日

1ヶ月半ぶりに同窓会に向けた幹事会がありました。
前回出席できなかった幹事も今回参加して、本当に久しぶりに会う同窓生もいました。
卒業後30年も経つと連絡先がわからない同窓生が多くて各幹事は所在確認に苦労してるみたいでした、
もちろん僕もなかなか進まず焦ってます。


二次会は恒例の焼肉屋さんです。

翌日のライブの為、お酒は控えましたが、それでも実に楽しいひと時でした。

それと同窓会用にホームページを立ち上げましたので、もしこの日記を見た同窓生さんは、のぞいてみてください。
そしてこのHPを広めていってください。






京都市立 四条中学校 昭和56年度卒業生 同窓会のお知らせ』
http://shijyou56.web.fc2.com/index.html 






102301.jpg

102302.jpg

102303.jpg

102304.jpg

102305.jpg

102312.jpg

102309.jpg

102314.jpg

2010年10月23日土曜日

ライブ前の儀式

あさって24日(日)はFlip Flop、26日(火)はPOPOLOでライブです。

いつもはライブの前日にギターの弦を張り替えるんですが、今回は今やってます。
明日が同窓会に向けた幹事会、その後2次会があり遅くなりそうで
たぶん張り替える時間がなさそうなので、、、


弦を張り替える時間がPRSを使うようになってから圧倒的に時間が短縮されました。
通常のギターのように弦を巻く方式ではなく、ねじ式になっているので巻く必要がありません。


i+Phone+005_convert_20101023002808.jpg



これまでは1時間かかっていたところが、15分ぐらいですみます。
その差は大きいですね。残りの45分は練習できますし(あまりしませんが)

今使ってる弦は『Elixir』のLIGHTゲージです。1弦が010から始まるやつです。


i+Phone+004_convert_20101023002723.jpg

i+Phone+006_convert_20101023002830.jpg
”完成”

弦を替えている時にライブが成功しますようにといつも考えています。
今回も成功しますように。。。




今日のBGMはthe pillowsのOOPARTSです。

2010年6月6日日曜日

島村楽器さんから表彰状をいただきました。

今年の3月に島村楽器が毎年開催している『録れコン』というコンテストに応募していて、最終審査まで残ったということで、応募した店舗の優秀賞をいただきました。
応募したのは最近ライブでも演奏してます永遠の名曲サンタナの『EUROPA(EARTH'S CRY HEAVEN)』、邦題は哀愁のヨーロッパですね。

表彰状_convert_20100606222404





『録れコンとは、全国の音楽ユーザー、パーソナルクリエイター、プレイヤーを対象に、楽曲、録音、アレンジ、オリジナリティのクオリティを競うコンテストです。』
ホームページより

応募すればプロによる審査員のアドバイス等があるということで、賞がもらえるかどうかは別として録音方法など今までやってきたことが合ってるのか間違ってるのか、プロの耳にはどう聴こえるのかを知りたくて参加料1,575円で応募してました。以下そのコメントです。

ラテンとロックの融合という特徴的なこの名曲を、本当に素晴らしくカバーされていると思い感心しました。特にループ系の雰囲気のオケも人間味溢れるギターと
対照的ながら、これが意外にもマッチしていて、これは興味深い発見でした。ややたどたどしい、弦に引っ掛かる感じのピッキングも、ある意味オリジナルっぽくて
良かったです。また、サイドからのメロディーサポートと白熱の演奏でうまくカバー出来ているとは思いますが、後半やや間延びした雰囲気が感じられます。
例えば、シンセ系の白玉だけを残したバックに、ギター本体のボリュームを絞り、音数少なめに爪弾くようなセクションを設けても面白いと思います。
よりダイナミクスが生まれて叙情感が深まるように思います。また、同様の理由から、途中でギターパートを休みにして、スペイシーなサウンドで間を空けてから、
再度ギターが情熱的にフィルインしてくるアプローチ等も是非試してみて欲しいです。今後もギターは勿論、今回の経験を生かした作品制作を期待しています。
頑張って下さい。


ちょっと専門的になってますが、うわべだけでなくしっかりとよく聴いてもらっているアドバイスだと思います。
島村楽器のホームページにも結果発表されてます、短いですが曲も聴けるようになってます。

http://www.shimamura.co.jp/torecon/2010/awards.html#01


最終審査会ノミネート作品の真ん中くらいにあります。


何事もそうですが自分で評価するのではなく人から客観的に評価されるのは大事なことで、いい経験になりました。
人に自分の音楽を伝えるのは今回のように録音した物かライブしかないと思うのでこれからも両方とも自分なりに磨きをかけていきます。


今から他の作品を聴いて、何が違うのか聴き比べようと思います。

2010年2月21日日曜日

旧友とのひと時

6月の同窓会に向けて月一の会議を土曜日に右京ふれあい会館で行いました。



案内ハガキも出来上がり当日のプログラムもだんだん固まってきました。
いつも15~20人で集まってますが、中学の授業もこれぐらい真剣にすれば
よかったのにというぐらい、いつも議論が白熱します。

最後はいつもの2次会で盛り上がりました。

7_20110221010915.jpg

8_20110221010915.jpg

月に一度のお楽しみでした。

2010年1月19日火曜日

Marty Friedman ご存知ですか?

元メガデスのギタリストで現在は日本に活動拠点をおいて
たまにテレビとかにも出演されているのでご存知の方もいると思いますが。

僕のネタ元であり、ライブでもよくカバーさせてもらってますし、
テクニック的な部分もDVDとかYouTubeとかでチェックしてますし
僕にとってはギターヒーロー、憧れの人、アイドルですね。



今日夕方仕事で京都駅八条口みやこみちを歩きながらいや~な仕事の電話を
していたら 目の前をマーティーが通ったではありませんか、

早々に電話を切り思わず後を追いかけて行きました。


ちょっとお疲れ気味だったので話しかけずらく、声をかけても邪険にされたら
悲しいなとか 一瞬にいろいろ考えたのですがこんな機会は二度とないかも
知れないと思い、 マネージャーらしき人が切符を買いに行って一人になった
瞬間思い切って声をかけました。


すると笑顔で受け答えしてもらえ(もちろん日本語)
まず握手をしてもらい、自分がギターを弾いてる事、ライブを観に行った事、
ライブでマーティーのコピー・カバーをさせてもらってる事、
憧れてる事などを一方的しゃべってしまいました。


その間、テレビのまんまの語り口で受け答えしてもらい、とてもやさしい人でした。


写真を撮らせて欲しいとお願いすれば二人で撮ろうよと言ってもらいマネージャーさんに
撮ってもらいました。

Marty+1_convert_20100119222111.jpg



Marty+2_convert_20100119222156.jpg


最後にもう一度握手し、ライブでカバーしてますがいいですかと尋ね許可ももらいました。

カバーするにあたり直接本人から許可をもらうって事はそうそうないでしょうね。


強く願っていれば叶うこともあるんですね~

ちょっと興奮冷めやらぬ状態で本年最初の日記をしたためました。